社内報とは!社員に向けたメッセージ発信の場

社内報を通じて発信するメリットとデメリット

経営者は何をどのように発信すればいいのか

参考になる他社の社内報企画事例

会社の魂を共有できる社内報にしよう!

創業して何十年も経つのに衰えるどころか勢いが増している会社の特徴は、従業員が生き生きしていることです。そんな会社の社内報は社員全員の一体感を生み会社の魂を共有させる為の企画が盛り込まれています。柱になる内容はほぼ決まっていますが、読みやすく興味を引く工夫がなされています。 毎回必ず盛り込まれるのは社長からのメッセージです。会社の方向性や社長の思いを社員に浸透させる為の企画です。目標数値や決算ボーナスの条件を具体的に示し、目標達成に向けてやるべきことを明確に伝えています。日々の業務の中で意識すべき大切なことも具体例を挙げて示し効果を高めています。もう1つの人気企画は様々な部署で活躍する社員の現場レポートです。この企画は社員の士気を高め、前向きに業務に取り組むことに役立っています。また業績を上げる為の創意工夫のヒントにも繋がっています。

壁新聞はコストパフォーマンスも最高!

社内報を従業員に配布する為にはコストが掛かりますが、そんな問題を壁新聞という形式で解決している会社もあります。また無駄なコストを削減していることで、会社に対する社員の好感度アップにもつながっています。壁新聞は休憩室やトイレの前など、社員の集まりやすい場所に張り出します。壁新聞の前で皆でわいわい言いながら内容を楽しむことができ、より一層一体感が生まれるという効果もあります。 壁新聞はスポーツ新聞のようなすこし大げさな見出しで、注目度をアップさせ読みやすくしています。内容は社内イベント情報や従業員レポートなど、社員の相互理解やコミュニケーションに役立つ内容が中心です。そして必ず会社の目標や方針を具体的に示し方向性を明らかにしています。

社内報とは!社員同士のインナーコミュニケーション

組織が大きくなればなるほど、関わりのない部署では時に隔たりを感じる関係性になりがちです。しかし、社内報を利用して社員同士がお互いを知ることで、縦と横のつながりが生まれ、そのつながりはやがて連帯感になり、組織は盤石なものになります。

社内報を通じて行うインナーコミュニケーションのメリットとデメリット

インナーコミュニケーションを重視する意味とは

参考になる他社の社内報企画事例